そもそも太陽光発電投資とはどのようなものなのか?

そもそも太陽光発電投資とはどのようなものなのか?

そもそも太陽光発電投資とはどのようなものなのか?

太陽光発電の原理と歴史

太陽光発電は、太陽から地球に降りそそがれる光エネルギーを、電気に変換するシステムです。
太陽光が物体に当たると電子が飛び出す「光電効果」現象が発生します。この発見は1839年と今から178年前のことで、実際に光エネルギーを電気に変換し利用できる太陽光発電システムが発明されるのは、1954年で発見から115年後のことでした。
光電効果で発生する電子を、半導体を利用して一定方向に流れる直流電流として活用するのが太陽光発電です。
当初の太陽光発電は、太陽光を電気に変換できる発電効率が悪く、装置が高額であったので一般化はまだ先のことでした。
最初は人工衛星など特殊装置のエネルギー源として採用されたのです。

 

太陽光発電の種類

太陽光発電の種類は、発生する電子を直流電流に変換する半導体の種類によって分類され、
シリコン系と化合物系があります。シリコン系は単結晶シリコン型、多結晶シリコン型、ハイブリット型(HIT)、薄膜シリコン型があり、それぞれの特徴は次のとおりです。
単結晶シリコン型は、高純度シリコン結晶を半導体基板に使用し、一番古くから活用されていて、変換効率は高いが製造コストが高い。
多結晶シリコン型は、多結晶シリコンを半導体基盤に使用しているので、単結晶シリコンに比べて変換効率が劣るが、製造コストが安い。
ハイブリット型は単結晶シリコンとアモルファスシリコンを半導体基盤に使用し、変換効率が高く、製造コストも高い。両面で発電できるメリットがある。
薄膜シリコン型は、シリコン層の厚みが薄いので製造コストが安くなりますが、変換効率が落ちます。薄いので折り曲げができたりするので使用範囲を広げられるメリットがあります。
化合物系は、シリコン以外のものを半導体に使用しているので、変換効率が高く、高温になっても変換効率が下がりにくいメリットがあります。

 

投資対象としての太陽光発電

太陽は生命あるものの生存に欠かせないものです。人類が生存できている間は太陽がなくなることはありません。無尽蔵と考えても間違いではないでしょう。
この無尽蔵のエネルギーを利用する太陽光発電は、これからの人類にとって利用価値が最もあり、有限の石油や石炭にとって換えることのできるエネルギー資源です。
太陽光を活用する太陽光発電は、放射性廃棄物のごみ処理が問題になる原子力発電に換わり、今後もより活用が求められていくので、十分投資対象になります。

 

太陽光発電投資の問題点

太陽光発電を投資対象にするとき、投資金額を何年で回収できるか十分な情報と計算に基づいた計画を立てる必要があります。
日本全体は南北に長い島国ですから、年間の日照時間や積雪の有無など地域によって大きな違いがあります。
緯度の違いにより北海道と沖縄では同じ季節であっても日射量は違います。
太陽光発電の発電効率は、太陽電池の表面温度が一定以上の高温になると低下していきます。
また、太陽光発電設置場所から、既設の送電線までの送電設備については太陽光発電設備設置者の負担で建設しなければなりませんので大きなイニシャルコストとなります。発電設備当たりにイニシャルコストを下げるには、発電設備を大規模にしてスケールメリットを活かしたメガソーラーにしなければ、採算割れが発生する恐れもあります。こちらのサイトでも分かりやすく解説されていますが太陽光発電にはメリットやデメリットがあるのです。
日本は近年地球温暖化に伴う異常気象の発生件数が多くなる傾向にありますので、風水害などのより心配がない地形を選ぶことも大切になっています。風水害の被害に遭うと負債が残ってしまうリスクがあります。

更新履歴